寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

俯せランナー型の寝相を直す方法について

スポンサーリンク

寝相が悪いと色々と心配になってくる事が多いかと思います。
お腹を出して眠ってしまい、翌日お腹の調子が悪くなってしまわないか。
また一緒に眠っていて眠りが浅いと、パートナーの寝相の悪さに目を覚ましてしまう事もあるかと思います。
他にもゴロゴロ転がって、ベッドから落ちてしまったという経験もある方もいるのではないでしょうか。
こういった寝相の悪さを直す方法はこれが一番効くという事はないらしいです。
ですが、身体が堅い人やストレスで熟睡できない人が特にひどいと言われているので、パートナーと一緒に軽いウォーキングなどで身体を解してあげるのはいかがでしょうか。
また寝る前に軽いストレッチも睡眠にはいい効果だそうなので試してみてください。

スポンサーリンク

理想の寝相があるそうです。
それは真っ直ぐ仰向けになり、手は体側で緩んだ状態で眠る事だそうです。
この状態ですと身体と精神状態にもリラックス出来ている状態であると言われています。
この体勢で眠る事が出来ないと布団の上で寝返りを何度も打ったり、寝相が悪いといわれる寝方をしてしまうそうですので注意が必要になってきます。
他にも俯せランナー型という寝方があり、顔を横向けで俯せになり、片足の膝を曲げている状態で眠る事を言います。
この状態で眠っていると骨盤の下の部分がギュッと縮んで硬くなり、骨盤の中央にある背骨の付け根の部分の仙骨が出てきて、仰向けで眠る時に当たって眠りにくいそうです。
こういった場合は軽くストレッチをするなどして身体を解していくといいと言われています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加