寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

顔に手をのせる寝相について

スポンサーリンク

子どもだけではなく大人でもとっている少し変わった寝相の一つに顔に手をのせてしまうという姿勢があげられます。
この状態は手の位置が目の上にある事が多いですが、ある寝相の流れで顔に手が載ってしまっている事もありますが、場所によっては無意識に自分の呼吸を阻害してしまう事も多いので、少し注意が必要になります。
特に、子どもや赤ちゃんが顔に手をのせてしまっていると呼吸困難に陥り、危険が大きくなるのでしっかりと姿勢を改善してあげる必要があります。
あまり長い時間顔に手が載っていると顔に痕が着いてしまう事もあれば、姿勢によっては手がしびれてしまう事もあります。
寝ている時にしびれている状態で朝起きるとしばらく動けない状態が続いてしまうので注意が必要です。

スポンサーリンク

 大人ではそれほど顔に手がのる事は無いですが、明るい所で寝るような場合にはまぶしさを隠すために顔の目の部分を手で隠して寝るような事もあります。
また鼻がつまってしまっている時も顔に手を近付けていることもあり、何かしら寝る時の不快感などを解消しようとしている動作という事ができます。
健康に何か被害があるとは考えにくいですが、睡眠の阻害を避けるための動作と言えるので、しっかりと睡眠環境を改善する事でおかしな寝相をしなくなるものです。
なかなか改善しない時には周囲の人が手をどけてあげる必要もあり、しっかりと工夫してあげる必要があります。
また場合によっては大人でも呼吸が苦しくなってしまう事があるので十分に注意しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加