寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相が悪く、回転してしまう原因について

スポンサーリンク

子どもの寝相が悪くて困っているという親御さんは結構多いのではないでしょうか。
朝になったら180度回転していたけれど本人は全く覚えていないということもあるようです。
修学旅行などがあったら、友達に迷惑をかけないか心配ですよね。
そんな悩みを抱えている方は意外と多いようです。
子どものうちは180度や270度、朝になったら元に戻っているなどということは割と多く、朝になっても本人は覚えていないことも普通です。
良く眠れているようであれば元気な証拠ですし、大人になるにつれ徐々に改善してきますから特に心配することはありません。
逆に動かない、寝相の良い子どもの方が脳や神経系の発達に問題がある恐れもあります。
では、大人になっても寝相が改善しない場合、原因としてどのようなものが考えられるでしょうか。

スポンサーリンク

寝相は、日中の疲労やストレスを寝ている間に改善しようと身体が無意識のうちに楽な姿勢をとっているもので、誰でも寝返りをしたりしているものです。
ただ、回転するほど寝相が悪くなる原因としては、騒音のある環境にあって、無意識のうちに静かな方向を探している場合や、寝具が身体に合っていない場合が考えられます。
寝具が原因となっている例では、朝起きると枕が頭の下にない、というような場合には、枕が合っていない可能性があります。
また、極端に軟らかすぎたり固すぎたりするマットレスを使っていると、身体がうまくフィットする場所を探して動いていることがあります。
他には、サイズの合わないパジャマや着心地の悪いものを着ていて、無意識に身体が動いている場合も考えられます。
このようなことに思い当たる点がある場合は寝具を変えてみてはいかがでしょう。
快適な眠りが得られ、寝相も改善できればまさに一石二鳥ですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加