寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相が悪い理由と上下逆になる場合の対処法

スポンサーリンク

寝相が悪くて悩んでいるという人も多いと思います。
しかし寝相が悪いということは決して悪いことばかりだとは言い切れません。
なぜなら人間は本来、寝ている間に自然と体が動くようにできている生き物だからです。
人間に限らず、生物はずっと同じ状態で静止していたら、同じ部分の筋肉ばかりが自然と使われることになり、体が緊張してきます。
したがって、同じ姿勢を取り続けた場合、人間は体勢を変えるなどして、筋肉の疲れをほぐします。
これは長時間椅子に座っていた人が、立ち上がり背伸びをして筋肉の緊張を緩和するときを想像してください。
寝ているときでも人間は寝返りをうつなどして体勢をかえて、自然と筋肉の緊張を緩和しているのです。

スポンサーリンク

 しかし中には、自分の寝相の悪さが限度を超えているのではないかと心配している方もいられると思います。
たとえば毎朝、目が覚めたら夜眠りについたときとは上下逆の方向に寝ていたという場合です。
このような姿勢で目ざめたのが一度きりだというなら、たまたまその日は寝ているあいだに体を動かすことが多かったのだろうと自分で納得することもできますが、毎晩のように朝起きたら、眠りについたときと上下逆に寝ていたというようなことがあったら、そこには何か特別な原因があるのかもしれません。
考えられることとしては寝ている間に何かの騒音のようなものを感じて、それから避けるように無意識に頭のむきを逆にしてしまうということです。
このような場合は耳栓をつけて眠れば一定の効果があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加