寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相が悪いと壊死を引き起こす

スポンサーリンク

寝相が悪いと壊死を引き起こす危険性があります。
これは、よく手などに起こる現象です。
手は自分の体重で下敷きになる場合が多いです。
これを長時間していると、血液がその先に流れなくなり手先などの細胞が腐り、壊死してしまうのです。
そしてこれが起こりやすいのが、寝ている間です。
寝相が悪い人などはこのような場合になる可能性があります。
人間は寝ている間はある程度の衝撃や光などには反応をしません。
する場合は、レム睡眠という浅い眠りの場合に限ります。
この時は、目覚ましやちょっとした光や声などですぐに目を覚ましてしまいます。
しかし、ノンレム睡眠の場合は、深い眠りの為、激しい音や光など意外では起きることがありません。

スポンサーリンク

ノンレム睡眠の場合に寝返りなどを打ちます。
そして、その姿勢のままノンレム睡眠に移行したらどうなるでしょうか。
そのままの姿勢でしばらくいることになります。
そして、その寝相が悪く、腕を下にしている場合などは血管が自分の体重で押されてしまい、そこから先に血が巡らなくなってしまいます。
そして、それが長く続くと壊死となってしまうのです。
ほとんどは、身体が反応してくれるので途中で再度寝返りをしたり、起きたりして問題はないのですが、ごく稀にこのような事態が発生することがあります。
寝相は自分で無意識ですから中々改善させるのは難しいと感じるかもしれません。
しかし、ストレスなどを寝る前までに解消すると改善が見込めるとも言われています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加