寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

兵士型の寝相のメリット

スポンサーリンク

寝相はいろんなものに例えて表現されることが多いです。
例えば胎児型、丸太型、落下型、兵士型などです。
胎児型はよく聞きますが、体を胎児のように丸めて眠る形、丸太型は横向きで足はまっすぐ、腕もまっすぐにわきに沿って置いて眠る形です。
落下型はあまり聞きませんが、うつむせ状態で枕を抱えるように両腕を置き、顔は横向きになっている形です。
兵士型というのはちょっと面白い表現ですが、これは両腕をわきに置いて仰向けに眠る寝相のことをいいます。
この寝方は体重をバランスよく支えられるのでそういう意味ではとても良い形といえます。
さらに体への負担を減らしたい時には膝の下にクッションなどを入れておくと腰に負担がかかりにくくなります。

スポンサーリンク

この寝相によって性格を診断するという方法が各国であります。
先ほどの胎児型は見た目は強そうでも実は繊細でシャイ、落下型は外交的、丸太型は社交的でのんびりしています。
兵士型は名前からするときつそうなイメージがありますが、実は静かで控えめな人が多いことで知られています。
何かあってもわあわあと騒ぐのは嫌いなタイプです。
自分自身にも友人たちなど周囲にいる人にもそれなりに厳しいです。
また努力家で、女性であれば良妻賢母が多いのもこのタイプです。
イギリスのとある大学教授はホテルに宿泊している客を対象に寝る時の好みの姿勢とその人の性格を調べていき、結果、寝相と性格には関係があるということを結論づけました。
他にも寝相の形はいろいろあるので調べてみると面白いです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加