寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

膝を立てる状態のまま眠る寝相の人の特徴

スポンサーリンク

ヒトデ型、うつ伏せランナー型、王者型、スフィンクス型…。
これ、何の型なのか分かりますか。
実はこれは全て、人が寝る時の寝相の形なんです。
人は寝ている状態、つまり意識を手放している時に本来の自分らしい姿になると言われています。
つまり、その寝相をよく見てみればその人の深層心理や性格などの一部が分かってくるのです。
寝ている姿は自分では見れないのでよく分かりませんが、時には性格だけでなく、その人がストレスや悩みや不安感を抱えているかどうかも分かってくるのです。
そう考えてみると、家族やパートナーや自分自身がどんな格好で日々休んでいるのか気になりませんか。
興味のある方は今晩でも一度家族の寝姿を確認してみて下さい。

スポンサーリンク

今日はそんな色んなタイプのある寝相の中で、膝が山型という寝相の人の特徴について説明したいと思います。
仰向け状態で膝を立てる姿勢のまま寝る人は、緊張が抜けきっていない状態のまま眠っていると言えます。
そのため神経質で短気な性格の人が多く、記憶力が良い為に細かい事を一つ一つよく覚えていて、いつまでも根に持ってくよくよしてしまう人が多いです。
これと対照的なタイプでランナー型と言うものもあります。
ランナー型はうつ伏せの状態で片足だけ膝を曲げて寝るタイプで、こちらは逆に堂々としている人に多いと言われています。
こうやって知ってみると、実に寝相とは色んなものがありますね。
この他にも様々な寝相がありますので、興味のある方は一度調べてみて自分がどんな寝方をしているのか知ってみるのも良いかもしれません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加