寝相が悪い原因や理由を知り、寝相を改善しよう

寝相が悪いと肩こりがひどくなります

スポンサーリンク

寝相が悪いと肩こりがひどくなります。
これは、寝相の仕方にも大きく変わってきますが、肩に負担をかけるような寝方をすると、せっかくの休息である睡眠が台無しになってしまいます。
ですから、肩こりがある人などは、寝相で悪化してしまう危険性があるので注意することが必要です。
人間が寝返りなどを打ったり、夢を見たり、寝言を言ったりするのは全てレム睡眠時におきます。
レム睡眠時は身体は寝ているが脳は起きている状態です。
この時に脳は、身体の悪い部分を治す指令を出したり、その日に詰め込まれた情報の整理をしたり、いらない情報を消したりと中々忙しい動きをしています。
そして、その一環で表れるのが寝返りなどになるのです。
これが需要な意味を持ちます。

スポンサーリンク

寝返りは、常に誰でもしています。
しかし、それを意識して行っているのは、起きている間だけです。
寝てしまえば脳はその間の記憶をしていません。
意図的に記憶しないようにしているのです。
外部からの情報をシャットダウンし、その日の出来事などを整理する時間にしているからです。
ですから、レム睡眠時の寝返りや寝言などは覚えていませんし、知らないのです。
そして、同様にどんな寝相なのかも知りません。
もし肩こりをしているならば、それが悪化するような寝相はしないハズです。
しかし、レム睡眠時の行動で肩こりがひどくなることもあるのです。
対処法は、事前にコリを何とか改善してから寝るのが良いとされています。
血行を良くすることも良いと言われています。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加